[記事公開日]2014/30
[最終更新日]2014/21

yamatunes

希望早期退職者数
2009年:2万2950人
2012年:1万7705人
※電機業界が中心
富士通
2013年、国内外で9500人を減らすと発表。

国内で設備削減の動き
⇒生産を集約して稼働率を高めて収益力を強化するため

三菱重工業と日立製作所が火力発電設備を統合した。
米ゼネラル・エレクトリック、独シーメンスに対抗するため。

富士通とパナソニックが、システムLSI事業を統合。
⇒世界で勝ち残るため
世界で勝ち抜くため、大企業であっても事業再編(事業統合など)を
しています。

  • 98.中東の政治経済 「アラブの春」 中東で民主化を要求する運動 アラブの春によってムバラク政権が倒れる。 その後、モルシ大統領が民主的な手続きで選ばれ、 エジプトに新しい風を吹き込むと期待されたが、 経済の低迷と治安の悪化が続き、 講義デモなどを強権的に押さえ込んだ。 よって国民の支持を急速に失いました。 これまで独裁体制下の政治家は国営メディアが流す 情報で世論を […]
  • 83.日本の農業は世界で勝てるか TTP参加により、 外国から安価な肉、乳製品、小麦などが流入してくれば、 日本の農業が大きなダメージを受けます。 消費者にとっては利点は大きいです。 日本の農業が競争力を保つカギは輸出です。 寿司や、刺身、天ぷらなどの日本食は海外でも人気が高いですが、 必ずしも輸出には結びついていません。 政府は2020年までに輸出額を1兆円まで増やすを目標を掲げて […]
  • 62.会社法と会社経営 会社法:2006年5月に施工 会社の形態を、合名会社、合資会社、合同会社、株式会社に分類する。 有限会社は「特別有限会社」として存続し、 株式会社の一類型として扱われるようになった。 (⇒合同会社がその代役である)   合同会社とは 出資者は運営方法を自由に決められるなど、 運営に関する規制がほとんどありません。 […]
  • 92.米国景気と日本経済   ★日本の特徴 日本は安い原材料を輸入し 高性能の車などに加工し輸出する「加工貿易立国」。 輸出に対する影響度合いが大きいという構造的な特徴がある。 日本の資源は「ヒト」です。 「技術」は「ヒト」が作ります ビジネス上の「ヒト」は「信頼」です   ★主な輸出先 中国向けが11兆5000 […]
  • 63.コンプライアンスとガバナンス コンプライアンス(法令順守)の精神を軽視した企業などの不祥事が後を絶ちません。 いかにガバナンス(統治)を機能させるかは、企業などの組織にとってとても重い課題です。   2011年11月 オリンパスの巨額の損失隠し バブル期の財テク失敗による損失を取り戻そうとして、ハイリスクの投資を繰り返し、損害は拡大。 1990年代後半には10 […]
  • 88.原発事故の後処理はどうなっている? 事故から1年4ヶ月経った2012年7月、 政府は特定区域の不動産について賠償基準を決めました。 6年以上帰宅できない土地や住宅・・・全額 2年以上・・・1年ごとに賠償額を上積みする 放射線量に応じて 5年以上戻れない・・・「帰宅困難」 数年で帰還を目指す・・・「居住制限」 早期帰還を目指す・・・「非難指示解除準備」 順に全額を前払い、約半額を前払い、約3 […]
  • 64.会計の基本的な仕組み 売上高や利益を示す、損益計算表(PL) 財務状況を表す、貸借対照表(BS) 財務会計基準機構が、会計の基準作りをしている。 従来の日本企業は、 1年に2回の決算発表であったが

    、 上場企業は3ヶ月に1度の「四半期決済」義務がつけられています。 金融庁の企業会計審議会監査部は、 監査法人の間で会計上問題があると思われる点を引き継いだり、 不正のリスクが […]
  • 96.領土問題や中国経済 2012年9月、日本が沖縄県尖閣諸島(中国名:釣魚島)の国有化を 閣議決定すると、

    、これに講義する中国国内では反日デモが起きました。   ・日系企業の工場が襲撃を受ける ・日系スーパーや、コンビニが破壊や 略奪行為を受ける ・日本製品の不買運動 ⇒中国への輸出が大きく落ち込んだが、 これを機に中国から撤退した企業は ほとんどなか […]
  • 65.国際的に会計基準を統一する 外国人が日本株に投資したり、 日本人が欧米やアジアの株式に投資したりすることが 多くなりました。 証券投資の国際化に対応するために、 会計基準を統一する必要がでてきた。 ロンドンに本部を置く、 国際会計基準審議会(IASB)が作る国際会計基準(IFRS)が有力。 米国は2012年の最終報告で、 IFRSへの適応を先送りした。 欧州主導のルールへの […]
  • 81.TPPと日本の関係 安倍晋三「今がラストチャンス。この機会を逃すと、日本が世界の ルール作りから取り残される」と危機感を示しました。 交渉は全体化合と併合して二国間でも進められます。 最大の焦点となるのが、農産品や工業製品の関税の扱いをめぐる調整です。 日本はコメや乳製品などを、関税撤廃の特別扱いをするように求めています。 TPPに実質的な交渉 「リクエスト・オファー方式」: […]
  • 66.CSRとはどのような考え方ですか 「Corporate Social […]
  • 86.資産や食料の高騰は日本経済にどう影響するか 日本は資源や食料の多くを輸入に頼っている。 輸入代金の値上がりは、貿易赤字に繋がります。 同時に個人消費や企業業績などを圧迫させます。 中国やインドなど新興国の需要が増大したことも要因です。 貿易収支は1兆円の赤字 円安で原油、液化天然ガス(LNG)など燃料の輸入価格が値上がったため 消費者物価指数 2012年5月から上昇している。 燃料価格の上昇で電 […]
  • 67.企業の環境対策とは 東日本大震災による福島第一原発での事故を受け、 日本では原発を使って温暖化ガスの排出量を抑える温暖化対策よりも、 まずは安定したエネルギー確保のため火力発電所が必要との見方が広がっています。 エネルギーの慢性的な不足に悩まされている新興国市場に攻め込むためにも、 省エネや節電への取り組みは必要です。 日本の優位性を発揮できます。 温暖化対策の他にも、有害物 […]
  • 90.ips細胞など日本が持つ技術 人の皮膚などから作ったips細胞で神経細胞などを作製し、 傷ついた部分や臓器に移植して機能の回復を図ります。 再生医療と呼ばれます。 京都大学・山中伸弥教授 2012年 ノーベル生理学・医学賞 その他日本が誇る技術 リチウム電池イオン 太陽電池 スマートグリッド ネオジム磁石 人口光合成 高効率証明 ビッグデータ解析技術 日本は実用化に手 […]
  • 68.「排出量取引」とは 1997年 京都議定書 二酸化炭素やメタン、代替フロンなど温暖化ガスの削減目標を国ごとに決めた。 日本は2008年からの5年間で1990年度に比べ温暖化ガスを6%減らすと約束した。 この目標を達成するために国家間で温暖化ガスの排出量を取引する仕組みです。 排出量の多い国が、排出量の枠が余っている国から購入することで、排出量を 削減したとみなせることにしています。 […]
  • 100.新興国と先進国   国際通貨基金(IMF)によると、 2013年に新興国・途上国の経済規模は日米欧を上回ったようです。   約20年前は3分の1程度だったことを考えると、 BRICS(ブラジル・ロシア・インド・中国・南アフリカ)の成長が いかに目覚しかったかが分かります。   かつては世界経済や貿易、開発といった課 […]
  • 69.ワークライフバランス 仕事と生活の調和を図ることです。 仕事上の責任を果たしながら、育児・介護などの家庭生活や地域生活、自己啓発などが 両立できる状態を指します。 日本の平均労働時間:1728時間 英国:1625時間 ドイツ:1413時間 非正規雇用の増加、若者の働きづらさ、少子化、晩婚化の一因として 、 ワークバランスが注目されるようになりました。 企業にとっても働きや […]
  • 94.欧州統合は進んでいるか   欧州連合(EU)・・・5億人 米国・・・3億人 日本・・・1.3億人   2013年7月にクロアチアが加盟し、EUは28ヵ国になりました。 今後、セルビア、ラトビアもユーロ圏に入ります。   一方、英国キャメロン首相はEU残留の是非を 問う国民投票を実施する考えを表明しました。 &nbs […]
  • 70.個人消費はどんな状況ですか アベノミクスを背景に円高が修正され、株価の上昇が進展した。 消費マインドが改善した。 「消費者態度指数」・・・5ヶ月連続で上昇 夏のボーナス 大企業を中心に賞与の支給額が2年振りに増えた。 初の週末となった「ボーナスサンデー」には、西武池袋本店では、 高級ブランドの売上高が前年に比べて55%も増えました。 2013年夏の国内旅行者は過去最高になった。 […]
  • 61.SNSと企業、個人 主なSNS ・フェイスブック ・ツイッター ・LINE   これまでテレビや雑誌で広告を掲載するなどある意味一方的な 情報伝達ばかりでしたが、個人の意見や批判を企業戦略に活かせる環境が 整ったのです。   自治体でも市民との交流を深めようと活用しています。 2011年末:4300万人 201 […]